帰ってきた月にいる犬

走ったり消火栓やら鉄道模型やら。好きな人やモノが多すぎて見放されてしまいそうだ。

週刊消火栓 宮城 01

f:id:sunetsumuri:20210727223934j:plain

宮城県名取市

単頭口固定式

2007年7月

この時は岩手出張の帰り。

 

dogonthemoon.hatenablog.com

 

宮城県は手ごわくてなかなか見つけることができず。

以前仙台をプライベートで回った時も見つけることができなかったのです。

仙台空港まで送ってもらった後、時間をつぶしがてらに空港周辺を探していました。

f:id:sunetsumuri:20210727223939j:plain

給油施設ならワンチャンあるかも。

火事が危ないんでね。

当然入れないのですが。

f:id:sunetsumuri:20210727223945j:plain

金網越しに発見!

f:id:sunetsumuri:20210727223950j:plain

金網の間にIXY900ISのレンズだけを無理やり突っ込む。

近づきたかったけど断念。

ともかくもこれで宮城県の消火栓も確保です。

 

墳行マラニック48㎞ 後編

世の中はオリンピックで盛り上がってくれて

どこから目線かわかりませんがうれしいです。

実際最高峰のスポーツを見るの楽しいです。

どうしても中継に偏りがあるのが残念ですが

ロードレースとかもネットでやってもらえるのは助かります。

www.gorin.jpロードレースやらサーフィンは上記サイトで見ていました。

変な実況が無くて快適。

情報が少なすぎるきらいもあるけど。

 

後編です。 

dogonthemoon.hatenablog.com

ルートマップ作りました。

f:id:sunetsumuri:20210728101739j:plain

後編は造山古墳から帰っていきます。

 

それにしても造山古墳、日本4位なだけあって

でかさ半端ないです。

ja.wikipedia.org

後高いし。

前の記事で感想が少なかったので少し追記をば。

そしてこの日の後半は気が付けば各時代の首長墓をめぐる形となりました。

  

8:20 造山古墳の陪塚である千足古墳へ。

ja.wikipedia.org

遠目で見ても整備されているようです。f:id:sunetsumuri:20210722230914j:plain

ここは直弧文がある石障で有名。

結構いろんなところで千足古墳のことが触れられていて、

福岡県八女市の石人山古墳に隣接した広川町古墳公園資料館とかでも目にしました。

ja.wikipedia.org

ふもとに来ると鎖がはられていたので写真を撮ってみてたら

地元の人が「古墳見に来たんか、はいりゃええがな」

と言っていただきお言葉に甘えさせてもらいました。

f:id:sunetsumuri:20210722230846j:plain

後円部の頂に埴輪が見えます。

葺石は無くとも美しい。

f:id:sunetsumuri:20210722230853j:plain

円筒埴輪に囲まれてます。

f:id:sunetsumuri:20210722230857j:plain

中央には家形埴輪。

f:id:sunetsumuri:20210722230901j:plain

田畑が多く昔の姿を想像しやすくなっています。

f:id:sunetsumuri:20210722230905j:plain

前方部は復元途中か、豪雨被害の影響かまだ完成に至っていないようです。

f:id:sunetsumuri:20210722230910j:plain

後円部に石室の入口が。

初期横穴式石室の特徴として後円部の高いところに石室があります。

恐らく石が重いことで後になれば石室は低くなるので。

この古墳はあくまで造山古墳の陪塚ではありますが

岡山にとって横穴式石室の走りであるとも言え

エポックメーキングな古墳であることは間違いないと思います。

 

途中、吉備路マラソンコース上にあるセブンでガリガリ君梨味補給。

f:id:sunetsumuri:20210722231243j:plain

8:58 28㎞付近。

つづいて鯉喰神社へ。

ここは弥生時代の墳丘墓といわれています。

40m×32mの長方形の墳墓らしく、

楯築墳丘墓の次代の首長のものと言われているらしいですが、

特に案内などはないです。

ja.wikipedia.org

f:id:sunetsumuri:20210722231247j:plain

なんとなく前方後円形かと思いきやそうではないらしい。

3月に家族で来たので観察はあっさりと。

奥の拝殿では日陰と風による木札が鳴る音で少し涼しく感じられました。

全くもってとにかく暑いんですが。

 

やはり炎天下の田の中の道を進めて吉備津神社のそばに来ました。

思い切って山の方へ行ってみます。

f:id:sunetsumuri:20210722231352j:plain

上から駆け降りてくるランナーもいました。

逆に上り坂を登っていきます。

f:id:sunetsumuri:20210722231356j:plain

山道に入っていくところの地図。

よくわからない。そもそも見えないし。

f:id:sunetsumuri:20210722231401j:plain

階段を上っていきます。

今回はあくまでマラニックなのであまり頑張らず歩きます。

f:id:sunetsumuri:20210722231405j:plain

いったん登りきると木立の奥に拝所が見えます。

f:id:sunetsumuri:20210722231410j:plain

9:29 33㎞付近。

中山茶臼山古墳です。

大吉備津彦命の墓と治定されています。

岡山の前期から中期古墳の特徴の山頂にある古墳です。

造山古墳は山からすでに下りているので対照的です。
ja.wikipedia.org

宮内庁管理なので中には入れません。

思いっきり開いていますが。

なかではおじさんが草ひきをしていました。

 

f:id:sunetsumuri:20210722231414j:plain

国境石についておじさんに教えてもらいました。

この中山茶臼山古墳の上で備前と備中の国境があるとのこと。

そのおじさん曰く吉備の国に古墳が先にできてから

備前、備中に分けられた証拠だとのこと。

国を分けられて勢力をそがれたんだとか。

f:id:sunetsumuri:20210722231801j:plain

おじさんに教えてもらったように吉備津彦神社への道をいきます。

古墳のへりに沿って進みます。

ペガサスターボなのにトレランをやる羽目に。

f:id:sunetsumuri:20210722231805j:plain

中山茶臼山古墳の後円部のふもとに穴観音奥の院というのがありました。

 

f:id:sunetsumuri:20210722231809j:plain

丸い岩に赤い布がかけられていました。

なんとなく千と千尋の神隠しに出てきそうな。

奥の稜線が中山茶臼山古墳の後円部。

宮内庁管理の墳墓なのにこれほど中に入れるのは貴重かもしれません。

f:id:sunetsumuri:20210722231813j:plain

地図ないのに山の中を走るのは物騒なので、

あまりショートカットを狙わずに大きな道を進むように。

実は途中古墳の案内があってふもとにおりかけたのですが、

スマホも電波拾わないし元に戻りました。おっかない。

ここは縄文時代ストーンサークルともいわれているそうです。

ただし諸説あります。

f:id:sunetsumuri:20210722231818j:plain

山の中を2㎞ほど走るとふもとに降りてきました。

何やらの砲弾が。200mm程度?

 

備前側の吉備津彦神社。

備中側は吉備津神社

距離はわずか2㎞程度なので紛らわしいです。

 

f:id:sunetsumuri:20210722231823j:plain

キビノミノボロスゲの自生地だそうです。

吉備津彦神社の普段来ない側なので知らなかった。

自販機で麦茶とコーラを補給。

そろそろ本当に暑くなってきました。

f:id:sunetsumuri:20210722231939j:plain

10:38 40㎞付近

愛しのローソンに帰ってきました。

モンスターが旨い。

 

もう吉備路自転車道から外れましたが、

まだ古墳は有ったりします。

f:id:sunetsumuri:20210722231943j:plain

見えてきました。

f:id:sunetsumuri:20210722231947j:plain

神宮寺山古墳です。

ja.wikipedia.orgこんな古墳まで記事があるとはWikiはすごいな。

古墳時代前期後半から中期初頭にかけての150m超の前方後円墳

岡山の古墳は丘陵地に建てられるのが多いのですが

沖積地にあるのは珍しい。

f:id:sunetsumuri:20210722231951j:plain

f:id:sunetsumuri:20210722231955j:plain

案内板も新旧そろっています。

f:id:sunetsumuri:20210722232008j:plain

階段を上ると天計神社へ。

f:id:sunetsumuri:20210722232000j:plain

竪穴式石室の蓋石が露出しています。

たぶん掘られているんだろうなぁ。

f:id:sunetsumuri:20210722232004j:plain

前方部を臨む。

 

f:id:sunetsumuri:20210722232319j:plainさあラストスパートです。(スパートはかけていない)

龍ノ口山系が広がっています。

新中島竹田橋からみる山の風景が結構好きです。

f:id:sunetsumuri:20210722232323j:plain

 

f:id:sunetsumuri:20210722232327j:plain

家に近づいていくとここは中世山陽道

ちなみに通勤路は古代山陽道を通っています。

歴史が濃く感じられる街です。

f:id:sunetsumuri:20210722232331j:plain

f:id:sunetsumuri:20210722232335j:plain

f:id:sunetsumuri:20210728132637j:plain

そして家の近く。

上記写真の山並み右側にある谷のすぐ左側のピークは備前車塚古墳。

ja.wikipedia.org

ここは前方後方墳

箸墓古墳と同様前方部がバチ型に開いているのが特徴です。

三角縁神獣鏡がいっぱい出て歴史の教科書にも載っているらしいですね。

高校の時日本史とっていなかったから知らないけど。

今回は訪問していませんが、

夏は草ぼうぼうなので訪れるなら冬から春です。

大会への影響を考えて最近は躊躇していますが。

 

結果48㎞6時間半の墳行を完了。

f:id:sunetsumuri:20210728221706p:plain


暑かったー。

 

今回巡った古墳(墳丘墓)の建造順でいうと

鯉喰神社⇒備前車塚古墳⇒中山茶臼山古墳⇒神宮寺山古墳⇒造山古墳・千足古墳

となっています。

竪穴式石室のほうが好みの自分にとってはおなか一杯になれました。

 

さて今回通った自転車道WIKIになっています。

ja.wikipedia.org

自転車だけでなく走るのにもよいコース。

今回行かなかった造山古墳から先も

備中国分寺やらこうもり塚古墳やら作山古墳やら見どころがいっぱい。

暑さに目をつぶれば。

岡山在住の方だけに限らず、おすすめのランニングコースです。

涼しくなってからのほうがお勧めですが是非。

 

 

ランミュージック 打首獄門同好会 なつのうた


www.youtube.com

 

なつのうた

なつのうた

  • Living,Dining&kitchen Records
Amazon

 もうそろそろ夏さんが本気を出し始めて、

干上がりそうになります。

外走っていても気を緩めると命を刈られる感ががが。

その気持ちがあふれ出す歌。

コウペンちゃんのかわいい絵と裏腹な曲。

夏は暑苦しい歌でのりきりませう。

墳行マラニック48㎞ 前編

まずはオリンピック始まりました。

いろいろ意見はあることは承知しておりますが、

ともかくは自国開催、楽しみましょう。

私は楽しみます。

目一杯応援しますよ。

 

今日から幸いなことに4連休。

その初日に普段できないようなマラニックを計画。

目指すは造山古墳。

暑くなるから本来は4時くらいには出発したかったんですが

用意を当日にするのが悪い。

グダグダと5時出発。

f:id:sunetsumuri:20210722222216j:plain

結果的にはかなりのんびりと楽しみながら歩を進めました。

f:id:sunetsumuri:20210722222211j:plain

まだ朝日が昇る前。

f:id:sunetsumuri:20210722222220j:plain

こないだ1500m走ったシティライトスタジアム

f:id:sunetsumuri:20210722222226j:plain

スタートから7.5㎞地点

少し行ったところにあるローソンがルート上にある唯一のコンビニ。

少し外れるとあるんですけどね。

朝飯も食っていなかったのでここでおにぎりなどを調達。

f:id:sunetsumuri:20210722222439j:plain

ここから吉備路自転車道に入ります。

f:id:sunetsumuri:20210722222531j:plain

水草に小さい白い花が咲いています。

写真じゃわかりにくいですが。

f:id:sunetsumuri:20210722222841j:plain

造山古墳までの距離はここでは掲載されていません。

吉備津神社が意外と近い。

なお、総社までの往復は2回やったことが有ります。

正直しんどかった。

f:id:sunetsumuri:20210722222850j:plain

あの歩道橋が脚いためるときつい。
今回は往復とも大丈夫でした。

f:id:sunetsumuri:20210722223115j:plain

川沿いの道はもう少し続きます。

影はないですがここ結構好き。

f:id:sunetsumuri:20210722223301j:plain

f:id:sunetsumuri:20210722223305j:plain

踏切でちょうど遮断機が下りた為、カメラを向けるも

Keymission80で動くもの撮るの難しい。

全国では貴重なキハ40も岡山ではまだまだ現役。

f:id:sunetsumuri:20210722223501j:plain

f:id:sunetsumuri:20210722223506j:plain

6:20 13㎞地点の吉備津彦神社。

ここは歴史を感じつつもこじんまりとして好きです。

トイレも自販機もベンチもあるし。

参拝して地図を見る。

f:id:sunetsumuri:20210722223745j:plain

総社まではまだまだですが

家から考えると造山古墳までは半分はすぎた感じ。

横にあった山道の地図を見て一瞬中山茶臼山古墳に向かおうとするも

時間が押しているし登り口がわからなかったということでまずはあきらめ。

f:id:sunetsumuri:20210722223957j:plain

吉備津神社に向かう途中トイレに行きたくなって少しルートを離れてローソンへ。

その時にあった踏切、なかなかいい感じ。

ちょっと作りたくなるなぁ。

f:id:sunetsumuri:20210722224106j:plain

ちょっと成功。

f:id:sunetsumuri:20210722224141j:plain

7:04 17.4㎞の吉備津神社

さっきのが備前国にある吉備津彦神社。

これが備中国吉備津神社

f:id:sunetsumuri:20210722224146j:plain

吉備津神社の方が大きいです。

f:id:sunetsumuri:20210722224151j:plain

こちらでも参拝。

f:id:sunetsumuri:20210722224156j:plain

 千代の富士だ。

f:id:sunetsumuri:20210722224447j:plain

好きな感じの街並みを抜けると

f:id:sunetsumuri:20210722224549j:plain

一面の田んぼ。

影がないです。

でも風が少しあるので今日は助かりました。

f:id:sunetsumuri:20210722224455j:plain

山陽道の岡山JCTをくぐって

分岐が工事中だったのですがそこで教えてもらいました。

f:id:sunetsumuri:20210722224503j:plain

川沿いを行くと造山古墳が見えてきました。

真ん中の木立が見えるところがそう。

f:id:sunetsumuri:20210722224508j:plain

 ここで自転車道を外れます。

f:id:sunetsumuri:20210722224822j:plain

全景ですが大きくてよくわからないかも。

右が後円部。

f:id:sunetsumuri:20210722224826j:plain

7:48 24㎞地点 造山古墳駐車場へ到着。

まだ早いので新設されたビジターセンターはまだ空いていません。

ここでおにぎりやらをほうばる。

飲み物も麦茶とパインジュースやら。

とにかく水分は切らさないようにと思いつつ、暑いのは暑い。

 

f:id:sunetsumuri:20210722224831j:plain

よくわからない金色の人。

ともかくも造山古墳へ。

ここは日本4位の大きさを誇るも宮内庁管理になっていないため

普通に立ち入れる日本最大の墳墓です。

世界でも有数なんでしょう。

その分昔からの信仰の対象となっていたり、

備中松山城攻めでは城を築かれたりしていたそうです。

荒神社が前方部にあります。

 

f:id:sunetsumuri:20210722225351j:plain

お参りしようとすると。

f:id:sunetsumuri:20210722225355j:plain

おや、賽銭箱に。

f:id:sunetsumuri:20210722225359j:plain

セミが脱皮していました。

セミの抜け殻っておっさんになっても好き。

すごく頑張っている感じがするじゃないですか。

実際命がけだし。

 

f:id:sunetsumuri:20210722225402j:plain

前方部には石棺が保管されています。

蓋のこと書かれていたけど見つからず。

f:id:sunetsumuri:20210722225406j:plain

内側が赤いのは朱なのかも。
頭側が少し高くなっています。

前方部にあった棺とも別の古墳から持ってきたとも言われていますが

まあ、持ってこんでしょ。

後円部には埋葬主体が残っていればいいんですけど。

とりあえずは発掘する予定はないようです。

後円部に向かいます。

f:id:sunetsumuri:20210722230202j:plain

後円部から前方部を臨む。

f:id:sunetsumuri:20210722230207j:plain

後円部です。

以前来たときは冬だったので草がなかったけど

夏はもさもさ。

形を楽しむにはやはり冬ですな。

f:id:sunetsumuri:20210722230214j:plain

見晴らしは素晴らしい。

昔は集落も少なかったからもっと広く見えたのでしょうか。

f:id:sunetsumuri:20210722230219j:plain

こちらだと田んぼばっかり。

1500年前からあまり変わってないかもしれません。

 

すでに時間は8:20です。

もともとはそのまま折り返すつもりがせっかくなのでいろいろ見たくなりました。

 

というわけで長くなったので前編として一回切ります。

 

週刊消火栓 高知 01

f:id:sunetsumuri:20210712121932j:plain

高知県本山町

2008年7月

単頭口固定式

 

f:id:sunetsumuri:20210719121850j:plain

ここは四国の水がめ早明浦ダムのすぐ近く。

高知道の大豊ICを降りて、このあたりに地上式消火栓あるんじゃないかなぁと

当てもなく走っていました。

f:id:sunetsumuri:20210719121908j:plain

f:id:sunetsumuri:20210719121914j:plain

f:id:sunetsumuri:20210719121921j:plain

あるのは地下式ばかり。

なかなか見つからないと少し旧道に入ってみると。

f:id:sunetsumuri:20210712121944j:plain

イター!

f:id:sunetsumuri:20210712121938j:plain

茂みからにょきっと生えていました。

f:id:sunetsumuri:20210712121950j:plain

しっかり覆われています。

緑の中の赤がすごく映えます。

高知はまだこの1本しか出会えていません。

偶然裏道を引き当てたその豪運に感謝。

 

今どうなっているんだろうとストリートビューで確認。

確かこのあたりだったよなぁと探してみると。

f:id:sunetsumuri:20210719122457j:plain

いました!30分くらいかかりました。

2021年3月の様子。

f:id:sunetsumuri:20210719122505j:plain

拡大するとなんか頭につけられています。

f:id:sunetsumuri:20210719122445j:plain

もう一度見直すと右側に再舗装の後と真新しい消火栓のマンホールが。

おそらくこの赤い消火栓は役目を終えて

あとは撤去を待つのみなのではと思います。

その歴史に触れられて自分は幸運だと思います。

ランミュージック Oasis Don’t Look Back In Anger


www.youtube.com

 

昨日話題になっていたチェンソーマンを書いている藤本タツキさんの読み切り

ルックバック。

shonenjumpplus.com

何だろう、すごくよかった。

チェンソーマンは怖くてまだ読めてないけど。

で、京アニの事件から2年経ったのも改めて知る。

2年前は今ほどアニメ見てなかったし

何よりも娘が少し大きくなって共通の話題になることが

なによりも動機ではあるので、

京アニといわれてもそんなにぴんと来てはなかったんですが。

 

dogonthemoon.hatenablog.com

 先日触れたアニメのなかで、その時も言ったけど

小林さんちのメイドラゴンSが京アニなんだよなと。

2年経ってよく帰ってきてくれたということなんでしょう。

ルックバックは京アニの事件に対する鎮魂の意味もあるのであろうと思うんです。

ぐっとくる漫画で。

 

OasisDon’t Look Back In Anger。

読後に考察を見てみると確かにこの曲と思しき仕掛けが。

そうなると聴いてみたくなります。

Oasisは大学のころ知って、サークルの連中がみんな聴いていて。

日曜日に友人に手を合わせに行ったから余計にその頃が懐かしくなっています。

あの頃に戻りたいとは思わないけど

あの頃もそれなりに楽しかったなとは思えてよかったなあと。

30㎞走と友人に会いに

7/18

7月も半ばすぎると朝から暑い。

で、出発が遅くなるとこうなる。

f:id:sunetsumuri:20210718230255p:plain

一応2:30を切るつもりだったんですが、

27㎞過ぎて左足股関節からハムストリングスにかけて違和感ががが。

ちょうど三叉路で左に曲がるとすぐ家路。

右に曲がると坂を上って後3㎞。

迷ったけど脚の感じを確認するのと30㎞走という名前に引かれて右折。

なんとか30㎞は走り切ったけど水分はもう少し考えないと。

とにかく暑い。

 

午後は2年前に亡くなった友人の家に、

奥様のご好意に甘えて伺う。

緊急事態宣言もあって延び延びになってたもので。

思い出話に花咲きましたと言いたいところだけど、

思い返すと自分ばかり話していたような。

コミュ障のなせる業。

お子さんたちとも話せたんだけど、

トレランという単語を知っていて裾野が広がったような気がしてうれしい。

 

庭師だった友人が夫婦で作られた庭を

今は奥様が守られているんですがそこも行ってみました。

f:id:sunetsumuri:20210718230300j:plain

この暑い時期花は少なかったけどバラが咲いていました。

f:id:sunetsumuri:20210718230309j:plain

緑の栗がかわいい。

f:id:sunetsumuri:20210719121038j:plain

f:id:sunetsumuri:20210719121047j:plain

いつ来てもこの緑に囲まれるのはいい気分で。

少し家からは遠いのだけどこちらのカフェにもちょくちょく寄れたらなぁ。